感覚チャンネル

 

視覚

視覚志向の人間は、素早く物事を見たりイメージして、外部環境を視る事に重きを置いている。よく使われる言葉として、見る、見える、映像として記録する。イメージする、概観する、等があげられる。このタイプの人は、思考の回転も早い。このような人は絵として全てを記録し、視覚情報に従っているのでとても早く話す事ができる。

聴覚

聴覚志向の人は音に焦点を合わせる。よく使われる言葉として、(音が)聞こえる、雑音を立てる、話している、叫ぶ、(声が)聞こえる、等が挙げられる。このような人は、例えば「だけどあなたは10年前に言った」様な発言で認識され、しばしば他の誰かが発言した事を反復する。そして耳障りの良い話し方をする。

体感覚

体感覚志向の人は、しばしば自身の感じ方に依存する。よく使われる言葉として、感じる、実行する、ストレスを感じる、動く、触る、等が挙げられる。このような人の話し方は低い声でゆっくりと話しがちである。そして何かを思い出す時や決断をする為には、いつも自身の体感にアクセスする必要がある。

連絡先

Meta Me Meta You 協会 日本支部
 〒540−0026
 大阪府大阪市中央区内本町2-1-19-508
 夢紡社有限会社
 Tel:   050-3754-1821
 Email: yosi[@]metamemetayou.com